閃凛電脳遊戯館

2007年 03月 03日 ( 1 )

King of Fightersシリーズ

開発元:(元)SNK
発売:1994年~
概要:1994年、かつて影の最高実力者ギースが主催していたKing of Fightersが再び開催されることとなった。
莫大な優勝賞金に引かれて、世界各国から様々な格闘家たちが集結し、チームを組んで熾烈な戦いを繰り広げる。
しかし、その背後に潜む闇の存在に気付いている者は、誰一人としていなかった……!
……なんか、まじめすぎてバカらしいので、ふつうに。
当初1994年と言うことで、「'94」と銘打たれ、発表された「餓狼伝説」に継ぐ、ネオジオの新たな格闘ゲームのシリーズ。3人一組のチーム戦の形式を採用し、それぞれ各国の名前を冠したチーム名で戦うことになったのが最初。
システムは、オーソドックスなストII形式の対戦格闘ゲームだが、チーム戦と言うことで、戦うのは3人。勝ち抜き戦の形式で、負けると次のキャラが出てくる仕様になっており、ストII系の1対1とは違う、弱冠の……ちょっとした……ごく僅かな戦略性を格闘ゲームに持ち込んだ意欲作(?)
ただ、意欲作と言いながら、ゲームバランスの悪さなど、ゲームとしてはストII系のゲームには及ばないものの、女性キャラの多さなど、別の意味で人気を博した稀有な格闘ゲームであり、今後のいわゆる「萌え」的な格闘ゲームの先駆けと言える。


閃:漢は黙ってチーム怒。

凛:'96か、'97あたりで眼帯親父がいなくなったけど、それでもチーム怒?

閃:あんな空飛ぶマリモ飛ばす小娘なぞいらぬわっ!

凛:あーあ、喧嘩売ってるよ、相変わらず。
まぁでも、実際、使いでは悪くないんだが、いまいち使おうと言う魅力に欠けるキャラだったなぁ。
……つか、こいつが登場した'96の時代は、バイス姉さん一筋だったからな(笑)

閃:単純に強かったわな、玲於奈。
マリモ飛ばして、二択仕掛けて、Vスラッシャーッ! まったく、こっちの飛び道具が飛ばなくなったのをいいことに好き放題やりおってからに……。
つーか、お前、バイス以前に投げキャラ使ってたっけか?

凛:まぁ、確かにな。しかも基本的に溜め技だったから、待ちに強かった、ってのも大きいだろうなぁ、レオナ。
バイス以前かぁ……。いちおう、大門もクラークも使ってたな。
それに、'94の時代はキャラごとに選べなかったから、投げ系のキャラがいるチームを選ぶと、どうしても使わざるを得ないから、自然と使えるようにはなるな。
まぁ、投げ系キャラはけっこう玄人向けで使いづらいのが多いほうだから、好んで使ってたがね。

閃:ほほう。
お前さんが使ってた『女性陣チーム』に投げキャラはいなかったと思うが?

凛:女性チームはな。
だが、'94の時代は、メインは女性チームだが、「えせ中国拳法でそれは超能力か? チーム」以外は、けっこう満遍なく使ってたぞ。

閃:何だよその怪しいチーム名は。
俺は「アメリカンスポーツで格闘技界に殴り込みかけてみましたチーム」以外は使ってたかな。
メインは最初に言った通り、「体力吸い取る怪しい教官に率いられた軍人チーム」だったけど。

凛:え? 人気があるから卑怯に強いアイドルがいるチームだから、皮肉っただけだが(笑)
だが「微妙に変で、使いこなすとけっこう強かったんだけどあんまり理解されなかったスポーツマンチーム」は、女性陣の次に使ってたかな。
やはりそれでも、'95、'96と進むに連れて、女性陣チームはキング姉さん、あとはやっぱりバイスだろうなぁ。
メストのランキングは極めて低かったが……。

閃:クリスタルビット→解除→クリスタルビットの連鎖は拷問に近かったなァ。
スポーツマンチームはよく憶えておらん……人気がなかったのだけは知ってるが。
バイスの敗因は相棒のマチュアの方がお手軽で、しかもパッキンだったことだろうねぇ。(笑)

凛:スポーツマンチームは……どこかの誰かさんが好んで使ってたが、以降出てこなくなって哀しんでたなぁ(笑)
しかし、マチュアは……ゼッタイ、バイスのほうがテクニカルで使ってておもしろいはずなんだけどなぁ。

閃:同じテクニカルでも打撃と投げじゃ毛色が違うからなぁ。
投げ系のお手軽キャラなら、94からずっとクラークがいるしねぇ。(笑)
あと使ってたと言ったら、ひたすら火柱上げまくるボガード兄か。

凛:まぁなぁ。
けっこう昔から投げ系テクニカルなキャラは使ってたから、この辺りは、けっこう定番でそういうのが入ってるチームとか、使ってたからな。
しかし、クラークは……。どう考えても、強さだけを言うなら、上司のラルフより圧倒的に強かったんだよなぁ。
まぁ、投げ系で言えば、'96の時代は、大門、バイス、クラークなんて王道なんだがある意味反則的なチーム組んで対戦とかしてたな。
だが、行きつけのゲーセンで、何が嫌がられてたって、バイスがいちばん嫌がられてたけど(笑)

閃:キャラ的には確実に参謀格だわなぁ、クラーク。
つーか、あのゲームのチームって深く考えるとバランス悪い組み合わせ多かった気がする。
「どこが超能力だ? チーム」は師匠がオマケだし、「キム先生と愉快な仲間達チーム」はチョイの立場が悲惨だし、「一応主役チーム」は明らかに大門だけ浮いてるし、餓狼は初代からの三人組だから置いとくとして、「竜と虎と天狗チーム」は親父大人げないし、「女の子集めてみましたチーム」はキング実は男だし――。

凛:なんでキング姉が男やねんっ!!
まぁ、バランス悪いのはSNKのお約束だからなぁ。
ADKなんてもっと悪いのもいたことはいたが……(笑)

閃:え? 竜虎の時に胸見せてたのは身代わりだろ?
バランス悪いって言ったらワーヒーだろうなぁ……ラスプーチンが何でヒーローなのかさっぱり不明。

凛:んなわけあるかぁっ!!
……ワーヒーは……バランス悪いと言うか、当たりも喰らいも判定無茶苦茶というか……。
バランス悪いと言うと、ファイターズヒストリーシリーズも無茶苦茶だった。
……つか、ネオジオってホンット、格闘ゲームは無茶苦茶なバランスのしかなかったよなぁ。

閃:つーか、SNK最高傑作と言われるガロスペからして、キャラバランスの悪さが面白さにつながってるゲームだったからな。
まぁ……それでもあのキム先生の鬼さ加減だけはどうかと思うが……。

凛:まぁなぁ……。
大学時代、友人宅でガロスペやるときは、私のキムは最終兵器だったもんなぁ。
とは言え、柔道エロじじいとか、怪しい華僑のデブとか、いろいろと卑怯なキャラはいたが……(笑)

閃:大丈夫、KOFのボスはみんな卑怯だ。

凛:なに、ねおじおにはいつものことだっ!(断言)

閃:しかし、アレだね、95でお手軽極悪ビジュアル系キャラのいおりん出して以降、とにかく狙いまくった路線で夏の風物詩と化したこの作品も、オロチ編最終章である97以降は、ちと人気が下火になった感じだぁね。
ゲーセンが斜陽を迎えたとも言うが。(爆)

凛:まぁなぁ……。
ゲーセン、と言うよりアミューズメントスポットなんて名前になったりしたからなぁ。

閃:ゲーセンはともかく、格ゲーは同人の方でやたらと盛り上がった時期もあったがな。
やっぱあれかね、キングとユリ限定だったギミックを96で廃止したのが原因かね。
そのまま悪ノリを続けて、女性キャラ全員が必殺技KOで脱ぐ仕様にしていればSNKも倒産せずに済んだかも知れん。

凛:その程度で倒産が防げるかぁっ!!


→オロチの力に目覚めて、ゲーム一覧表にワープする。
[PR]
by sen-linn | 2007-03-03 22:42 | 対戦格闘