閃凛電脳遊戯館

2007年 02月 11日 ( 1 )

SUMMON NIGHT4 -サモンナイト4- ネタバレ日記(その3)

開発元:フライトプラン 発売元:バンプレスト
発売:2006年
概要:2007年1月13日の記事参照

凛:さて、ネタバレも今回で最後、と言うことで、サモンナイト4、ラストまでマジでネタバレで行きます。

閃:あれ? 先週で終わりぢゃなかったっけ?

凛:終わっとらんわっ!!
親父を差し出して終わり、とか言う話はあったが、このゲームそのもののストーリーはまだまだだ。
で、15話以降のお話ですが、敵の首魁ギアンの登場などで、実はラウスブルグが「界の狭間」を通り、別世界まで行けること、そしてそれには竜の魔力と古妖精の秘術が必要なため、竜の子を付け狙っていたことがわかる。

閃:なるほどなるほど。
と言うことは、ギアンより先に別世界に行くため、主役が竜の子を生贄に捧げるんだな?
そして、君のことは忘れないよと……あれ? もしかして目的変わってるか?

凛:思いっきり変わっとるわぁっ!!
……ったく、主人公たちがそんなことするわけなかろうに。サモンナイトシリーズやぞ。

閃:確かに、砂糖五杯ぶち込んだ上にクリープとミルクを注ぎ込んだコーヒーぐらい甘いストーリーが売りだからな……まず、やらんだろう。
でも、最終決戦の舞台はそこになるんじゃないのかえ?

凛:異世界っつっても、召喚獣たちがもといた世界のことだからな。
最終決戦は、ラウスブルグだな。最終的に、自ら竜になろうとして、なりきれずに堕ちた竜……堕竜になってしまったギアンを倒すのが、ラストバトルだ。
ちなみに、ギアンは召喚されたにもかかわらず、ギアンの母親を襲って逃げていった父である召喚獣に復讐するため、エニシアは父親に古妖精であることがばれて去っていった母親に会いたいために、ラウスブルグを襲ったことになっている。

閃:つーか、エニシアって誰よ?

凛:……そういえば、前回、まるっきりおまけっぽく出しただけだったなぁ、この子の名前……。
エニシアは、敵側のお姫さま(ほんとうに「姫」と呼ばれている)で、主人公とおなじく古妖精と人間のハーフ。
基本的に、参謀(黒幕)はギアンだが、敵側の組織としてはこのエニシアを頂点としてるな。実際、「剣の軍団」のレンドラー、「鋼の軍団」ゲック、「獣の軍団」獣皇の3幹部はもともとエニシアの望みのために、ギアンの作戦に乗ってるだけ。
本人は、ヒロインらしく、おとなしく優しい子で、途中まで竜の子を手に入れるために争っていたことすら知らなかった、と言う箱入り娘やね。

閃:そういう裏があったわけか。
なら話は簡単だな、ギアンを灰にした後、エニシアを打ち首獄門にすればハッピーエンドだ。

凛:そういうダークな話にするなっ!!
エニシアはどっちかって言うと、悲劇のヒロインというか、そういうタイプのキャラだからなぁ。
まぁ、ラストには自分の望みよりも、ギアンやレンドラー、ゲック、獣皇(=カサス)含めて、失ったはずの「家族」が実はそこにあったことに気付いて、ギアンくんを止めようとしたりするからね。
かなり、狙ってはいるが人気の出そうなヒロインではあるぞ。

閃:でも、ギアンは死ぬんデショ?
位置的にはモロに主人公の対極にいるから、救ってやるエンドもありそうだがね。

凛:死ぬな、思いっきり。
ただ、2周目以降、ギアンもしくはエニシアのエンディングが用意されてるから、このふたりのエンディングでは死なない展開ってのもあるかもな。
そのあたりはまだ2周目途中だからわからんが。

閃:ん? てことは――
2周目で女主人公選んどけば、エニシアをぶっ殺せるかも知れんぞ。

凛:サモナイシリーズでそれはあり得んっつーにっ!!
まぁ、いちおうエンディングはギアンはいなくなったが、エニシアは各軍団の仲間たちとともに家族として生きていく……と言う感じの話だった憶えが……。
…うぅ……すでに2ヶ月くらい経ってるから記憶があやふやや……。

閃:こらこら、ラスを忘れてどうする。
まぁ、戦いも終わったし、竜の子も普通に生きていけるし、みんな仲良くやろうよ……ちゃんちゃん、ってな感じの御子様エンドなのは分かり切ってるが。

凛:そーねぇ。
ただ、いちおう私がクリアした1周目のラスト、ちなみにコーラルくんのエンディングは、古妖精のハーフである主人公、エニシア、竜となったコーラルとでとりあえず帰りたい召喚獣たちを返してから、変わらず宿屋の主人やってたけどな。
まぁ、そこにコーラルくんがお手伝いでいたのは、まぁ、お約束であろう。
とりあえず、この1回目のラストから想像はつくが、ギアンを倒したあとはいつもの宿屋の主人として過ごしていく、って結末が基本なんだろうがねぇ。

閃:ギアンエンドで、ギアンがボーイとかやってたら笑えんなぁ。
宿屋で働くラスボスッ!
アホだ……。

凛:いや、アホはアホなりに笑えるからいーんでないかえ?(笑)
ただ、ギアンがボーイって……あのグラフィックでボーイなんかしてたら、大衆食堂の売上、下がりそうだな……。
まぁ、エニシアなら、売上アップに貢献しそうだがな。

閃:ともあれ、君がギアンかエニシアを堕としたら、もう一回記事が書けそうだな。
ラスボスを奴隷にするか、敵の御輿を肉奴隷にするか、どちらにしても面白そうだ。

凛:だからそんな危険な発言をするなっ!!
まぁ、同人じゃぁその手の話はいくらでも転がってそうだがな


(次週に……続かない)


→界の狭間を通って、ゲーム一覧表に渡る。

→サモンナイトシリーズに関する他ブログの記事を探す(BlogPeople)
[PR]
by sen-linn | 2007-02-11 19:25 | シミュレーション