閃凛電脳遊戯館

2006年 10月 20日 ( 1 )

怒首領蜂 大往生

開発:CAVE 発売:AMI
発売:2002年
概要:首領蜂、怒首領蜂の正統な続編。ショット、レーザーの変化、コンボシステムなど、前作の特徴を踏襲しつつも、ボムの簡易版としても使え、コンボのつなぎをしやすくするとともに、敵弾のスピードを速めるハイパーシステムを導入。
さらに機体は3機から2機選択と削減されたが、圧倒的な弾幕、ハイパーによるつなぎ、ハイパーの使用回数によって速くなる敵弾など、弾幕シューティングとしての難しさを上げている。ただし、死ぬとハイパー使用回数がリセットされるなど、初心者にも優しい仕様ともなっている。
ちなみに、ラストで出てくる緋蜂は、前作怒首領蜂を凌ぐ凶悪さを持ち、PS2版がリリースされた当時、全国でも数人しかクリア出来なかったというふざけたラスボスとなっている。


凛:結局、これも2-3止まりで緋蜂には縁がなかったのぅ……。

閃:どうせ俺はボムりまくって五面止まりだよ。

凛:シューターでなくてそれならじゅーぶんだろ。
けっこう生き残りやすいようにはしてたからなぁ、ハイパーとか。

閃:ハイパーのおかげで、生存率は上がったなぁ。
操作感覚も無印・怒首領蜂とよく似てるし、割とすんなり遊ぶことが出来た。
ただ……敵弾がちっと速くなった気はするがね。

凛:速くなるんだな、これが。
死なない間は、ハイパーの発動回数に応じて通常時の敵弾は速くなるし、ハイパー使用時は実際弱冠のスピードは上がっている。
まー、そこがまた緊張感があっていーんだがな(笑)

閃:ああ、そういうギミックがあったのね。(気付いてない)
俺の場合、ボム尽きた後は常に死線だからな。おかげで、程良い所でリセットがかかる。
ちょっと顔に走査線入って、何か怪しい波動に目覚めたら、ボムなしでもそこそこいくがな。

凛:じゃぁ、ボムなしつなぎ重視のシューターは全員怪しい波動か?

閃:そう、背中にの文字が浮かび、敵落とすたびに滅殺!とか叫ぶわけだ。

凛:誰が叫ぶかっ!!!

閃:叫ばんのか?
某E君なんかはしょっちゅう叫んでたぞ、「ハメじゃあ~!」って。

凛:あー、あいつは叫ぶのがキャラクターだったからな(笑)
怒りモード幻ちゃんの大斬り3発で呆気なく逝きよったナコのときなんか、頭抱えてたぞ、叫んだあと(笑)

閃:つーか、真サムはどのキャラも大斬り喰らっただけで死兆星見えるわい。(笑)
で、大往生の話はどうなったんだ?

凛:はっ、そうだったな。
大往生と言えば、大往生流……じゃなくて、PS2の完全移植版に収録されているDVDだろうなぁ。
全国でも数少ない1コイン緋蜂撃破のシーンはなんべん見ても異常や……。

閃:大往生流? ああ、三面拳の一人・雷電ファイターズか。
つーか、あれ全面クリアできる人間って……いたのね。

凛:ファイターズって雷電の名前つけてるのはひとりだけやぞ……。
まぁ、仲間に猿がたくさんいたが……(笑)
さて、いた、っていうかDVDになってるんだからいたんだよ。
つか、なんべんこのDVD見ても、おかしいわな、このプレイヤー。
異常通り越して化け物やし。

閃:仙人型? NAIさん型?

凛:速度重視型のA-TYPE使ってる時点で、仙人型だろうなぁ。
……つか、NAIさん型は緋蜂はきついだろ、どえらいスピード速いし。

閃:さすがに、あのレベルになるとロジック構築型は辛いかのぅ。
話を変えて、これ、苦手なボスとかいる?
俺に聞くなよ、得意なボスなんていないんだから。(爆)

凛:3面ボスの最終形態……くらいかな、あえて言うなら。
いちばんきついのは2-1のボスだがな。
2周目は、残機全部取られてだから、けっこうきつかったな。

閃:二周目はなぁ……行ってないから何も言えんが、残機剥奪は辛いわな。
敵の攻撃も容赦ねーし、波動に目覚めた人間以外は行くべきじゃない世界だぁね。

凛:まぁ、いちおう、「はい」「いいえ」で2周目に行くかどうかは問われるからな。
シューターとしては、当然「いいえ」の選択肢なんか意味なしだが。

閃:誰か、「いいえ」を選んだ人いないのかねぇ。
大佐が出てきて、死ぬがよいとか言ってくれると楽しいんだが。

凛:あー、言ってくれるのがわかってれば1回くらいは「いいえ」を選んでもいーんだが(笑)
たぶん、単にエンディングが流れるだけだろうなぁ。

閃:多分ね。
せいぜい、自機がちゅどーんと爆発するぐらいだろう。(処刑完了)

凛:処刑ってな……。
まぁ、いちおう、エンディングはそれぞれ(エレメントドール)のは見たが、たいていは、破棄されるとか、永久凍結とか、そのあたりのエンディングだし。
そゆ意味では、怒首領蜂ほど、ストーリー性はないし、取って付けたようなエンディングだねぇ。

閃:ある意味、そっちの方がシューティングらしいストーリーではあるがね。
エレメントはいつも中華娘使ってたなぁ……単純にバランスがいいので。

凛:そーね。
レイニャンはレーザー強化型でボス戦にはいいし、ボムはノーマル2発でB-TYPE使うには、この娘だろうねぇ。
ボム関係なしのシューターは、エクシィ(ショット、レーザー両強化)が当たり前だが(笑)

閃:一人目のフランス人形は、ボム多い以外にメリットを感じないんだよなぁ。
面クリア時にこいつらの台詞があったら、ストーリー追っかけるために使ったかも知れんが。
もっとも、バリバリのシューターから、「余計なもんを入れるな」って意見が出るかな?

凛:ボムが多い以外に、道中の雑魚戦に強い、と言う利点はあるな、つなぎを無視すれば。
ボスはボムでどうにかする、と言う前作怒首領蜂のやり方がまんま通用するからな。
……ん~、どうなんだろうねぇ、台詞は。
私は物書き的に、そーゆー想像力を掻き立てるストーリー性の一面を見せてくれるほうがおもしろいがね。

閃:ま、アーケードはともかく、コンシューマではやって欲しかったな。
昨今のシューティング事情からして、シューター以外は買わないのかも知れないけどさ。
どっかの、はいてない小娘みたいに、サービス過剰にすれば解らんが。

凛:売るためには、エレメントドールという、いかにもなシステムを取り入れてんだから、そゆのはありだろうなぁ。
ゲーム自体はシューター好みだから、その辺入れても問題なかろうしなぁ。
まー、はいてない小娘ほど狙わなくていいけどさ。

閃:そうそう、一人目とか二人目が脱げば、君みたいなロリコンに受けるぞ。

凛:勝手にエクシィ使いの私をロリコンにするなっ!!!



→往生してゲーム一覧表に還る。
[PR]
by sen-linn | 2006-10-20 12:50 | シューティング