閃凛電脳遊戯館

2006年 09月 12日 ( 1 )

スーパーリアル麻雀シリーズ

開発:セタ
発売:1987年~
概要:二人対戦が基本の麻雀ゲームで、初代から個別シリーズとしては7までが発売されている。
特徴は、脱衣シーンなどでのアニメーションで、初代から対戦中に手が動くなどの、当時としては凝った作りをしていたが、2から、キャラ主体になり、シリーズを重ねるごとに、順調にキャラを増やし、豊富なアニメーションシーンとキャラで、ある意味、昨今のいわゆる美少女(萌え)系脱衣麻雀の基礎を作ったシリーズと言える。
ただし、ゲームとしての麻雀は、極めてプレイヤーに厳しいもので、特に2で登場するショウコは、ある程度負けが込むと、軽い手で親を蹴ったあとに、必ず天和を繰り出すと言う鬼なキャラであった。
この特徴は、ある程度、後のシリーズのラスボスにも受け継がれ、クリアを望む者は筐体のコイン投入口に必ず100円(あるいは50円)コインを積み上げる、と言うことを余儀なくされた。


閃:スーパーリアルって、何のことを指してるんだろうねぇ、これ。

凛:たぶん、初代とか、手が動いて牌を取ったり捨てたりするところがリアルだったんだろ。
それ以後の、アニメーション主体では、どこがやねん、と突っ込み入れたくなるくらいなのはわかるが(笑)

閃:てっきり、揺れのことだと思ってたよ。

凛:デドアラぢゃないんだからよっ!(笑)
確か、このシリーズは5とか、それくらいまではそんなに揺れなかったと思う……つか、そこまででかい○をしてなかったはず(爆)

閃:でかい○と言えば、ファイナルロマンスだな。あれは露骨に狙っていた。
対戦が面白かったんで、割とよく遊んだ記憶がある。

凛:でかいっつってもなぁ……。
あれはイラストレーターの特徴だからな。
そういう意味では、このシリーズのイラストレーターは、そこまで肉感的な絵は描いてないよな。
昔に較べて、絵が崩れまくってどうしようもないところはあるが。

閃:うむ、最新作に旧キャラが出たりしてるが、髪型と髪の色でどうにか判別が付くか付かないか……ってとこだからな。本当に絵は変わった。

凛:そうなんだよねぇ。
携帯でもあったから見てみたが、ちょうどP2~P5あたりがメインの人間にとっては、変わりまくりなんだよなぁ。
まぁ、個人的に好みのキャラなんかも変わりまくってて、けっこう興醒めだけど。

閃:好みのキャラって?
ああ、初代に出てきた、『腕だけの人』か。

凛:ちゃうわっ!
P5のみづきちゃんやっ!(爆)

閃:P5なら晶だろう。
頭に付けた中華風オプションのおかげで、どのバージョンでもすぐ解る。(笑)

凛:ファーチィだったっけなぁ、その髪型。
まぁ確かにそうだが、みづきちゃんもあのショートカットな元気印は一目瞭然や!

閃:まぁ、確かに個性的ではあるわな。
何せこれ以降、こいつと似たような属性の元気娘って登場してないし。(笑)

凛:そーいや、確かに出てないわなぁ。
やっぱり、人気ないんかなぁ、みづきちゃんみたいなキャラって……。
私的にすんごい好みなのに……(爆)

閃:まぁ基本は、『ロリ』『眼鏡』『オネェさん』『ロン毛』『清楚』『巨乳』だろうな。
この内どれかをベースにして、他の属性をちょちょっと混ぜれば良い。
どっちかと言うと、ショートカットの健康優良児はこの手のゲームでは受けが悪かろうな。

凛:言うな……(TT)
だからシリーズの中でいちばんのMy Favoriteがこの子なんだよ!(爆)

閃:まぁ、最初の相手ってことで、運が超絶的に悪くなければ勝てるしな。
マゾなら迷わずショウ子(未だに本名不明)を選ぶんだろうが……。

凛:マゾでも財布の中身と相談すれば、ショウ子はきついぞ。
まだP3の姉妹のほうがくみしやすいぞ。

閃:妹はいいにしても、姉には勝った記憶がないぞ。
『天和』を駆使する妹に輪をかけて強かったからな、姉の方は。
まー確かに、一瞬にして点差をひっくり返して服を着てしまうショウ子に勝った記憶もないんだが……。(連コインしても無理)

凛:妹は、天和はないぞ。
そりゃ、未来姉だ。
正真正銘、ショウ子と同様の理不尽な役満上がりが、こいつだからな。

閃:あれ、妹の方って『天和』かまさなかったっけ? どうも記憶が怪しいな。
そこらへんが改善されたのが、P4だったかねぇ。
ポスターの絵と、ゲームの絵のギャップが激しかったぐらいしか覚えてないが。

凛:確か、天和はなかったと思うぞ。
運がよければ、コンティニューは1回で未来姉に行けたし。
P4は……なんか崩れまくってたしなぁ、絵……。
だからやりこむところまでやってない、ってとこもあったりして……。

閃:パッケージとゲーム画面の差が激しかったな……P4は。
お前さんの言う通り、デッサンも崩れてたんで、ほとんどやった記憶がない。
反省したのか、P5はかなり良くなったがね。

凛:そうね。
それでも、P6あたりから、もともとの絵柄が怪しくなってきたからなぁ。
つか、もとから垂れ目気味だったが、シリーズを重ねるごとに、たれぱんだ並のたれ具合……。

閃:そうそう、コブ二つも随分たれまくって……。

凛:晶のファーチィはたれとらんわいっ!!



→イカサマ役満を喰らって、ゲーム一覧表に退散。

→他ブログのレトロゲーム記事を探す(BlogPeople)
[PR]
by sen-linn | 2006-09-12 21:17 | その他