閃凛電脳遊戯館

DRAGON QUEST II -ドラゴンクエスト2-

開発:エニックス(現スクウェア・エニックス)
発売:1987年
概要:ファミコン史上最高のRPG(独断)。
前作主人公の子孫であるローレシアの王子、サマルトリアの王子、ムーンブルクの王女――計三人のキャラクターが、邪神復活を目論むハーゴンおよびその配下と死闘を繰り広げる。
主人公が戦士、二人目の王子が僧侶、三人目の姫様が魔術師と役割分担がはっきりしており、一人でも欠けると死に目を見るというハードな条件に加え、敵がこれでもかと言うぐらいに強かったため、レベルを最高まで上げても死ぬときゃ死ぬという凄いゲームバランスをしていた。(これを理由にクソゲーだとほざく軟弱者もいる)
バグがそこそこあり、『水の羽衣』を二着入手する方法や『はかぶさの剣』の作り方等は裏技と呼ばれて広く流布した。中でも、デルコンダル城にラスボスを召喚する裏技の衝撃は凄まじい。
『復活の呪文』と呼ばれるパスワードシステムを採用しているため電池切れを恐れることなく今でも遊べる上、ウェブサイトで公開されている『復活の呪文作成プログラム』を使えば、システム上あり得ない状態でプレイすることもできる。まさに魔法の小箱のようなゲーム。
ただし、これらはFC版の話。リメイクされたSFC版ではこっちを強くして、敵を弱くするという調整がされ、バグもすべて解消されていた。復活の呪文もなくなってバックアップ式に変更されており、何の変哲もない普通のRPGになってしまった……悲しい!
故に、今から始めるならFC版をやるべきである。やって、アトラスに痛恨の一撃で粉砕されたり、ブリザードのザラキで凍りついたり、バズズのメガンテで大霊界を覗いたりするのだっ!


凛:覗いたりせぇへんって。
さて、1に続いて2。
1をリアルタイムにやったことがある人間にとって、2は順当に進化した、って感じだったなぁ。

閃:俺は2が最初だったんで、進化したって意識はなかったな。
RPGと言うとハイドライドぐらいしか知らなかったんで、素直にすげー! と思った覚えはある。

凛:ハイドライド……また懐かしい名前を……(笑)
しかし、2のあとに1をやったのでは物足りんかったんではないかえ?
2は世界は広くなったし、パーティ制だったし。

閃:なに、1をやったのは2の十年後ぐらいだったから、大して気にしなかった。
逆に、2であれだけ狭かったアレフガルドが広くなった(笑)ことに感動したね。

凛:完全にこっちとは逆やな。
アレフガルドの狭さと、街がねぇっ! と思わず言ってしまった削除ぶりに、おーいと思った(笑)

閃:容量の関係だったんだろうが……それを逆手にとって、『滅亡寸前だな、この国』とか解釈してみるのは面白かったな。一応、ゲーム自体はやってなかったが、口コミや雑誌の記事で1の概要ぐらいは知ってたしね。

凛:まぁ、あれだけ人気出りゃ、情報は入ってくるわな。
しかし、滅亡寸前ってな……。
まぁ、1のとき権勢を誇ってた竜王の子孫が手出せん相手がラスボスだったからなぁ。
いまやればそこまで深読みするだろうが、当時はまったくそんなことは考えたことはなかったな。
だいたい、先に進むのに、やっぱり苦労したし。

閃:想像力逞しい子供だったのさ~。(笑)
船を手に入れるまではかなり苦労したな。
『風の塔』の存在無視して、必死扱いてドラゴンの塔上ったはいいが、『風のマント』がないからあえなく地上に落下。
「なんで先に進めんのじゃあ~!」って吠えながら、最上階で『しらべる』を繰り返すも無意味。
ま、そのおかげでレベルが上がりまくって、『風の塔』攻略自体は楽だったけどね。

凛:妄想力の間違いじゃないのか?(笑)
しかし、風の塔かぁ。
この辺りは……姫さん、体力なさすぎ……(TT)
って印象しかない……(爆)
まぁ、私の場合、風の塔に行く道のとっかかりがしばらくわからんかってレベル上げ兼ねてムーンペタとか、ムーンブルグあたりをうろうろしてたが。

閃:妄想ってのは、少年二人に少女一人のパーティが同じ部屋に泊まると……とか考えることを言うのではないのかね?
俺は逆に、二番目役に立たねーっ! って嘆いてたな。
ギラも打撃もマンドリル相手だと補助ぐらいにしかならないし、装甲はムーンペタの頃のまんまだし……。マホトーンで魔術師四人組を黙らせるか、ホイミでちまちま回復するぐらいしか活躍場面がなかった。
死んだら死んだで、王女の盾がいなくなるんだけどさ。

凛:じゃぁ、そゆこと考えてたのね(爆)
まーねー、サマルトリアの王子は、ストーリー進めば進むほど中途半端さが際立つキャラだったなぁ。
王女はまだ強力な呪文を憶えるからいーけど、あやつは……。
しかし、王女の盾ってな、あーた……。
否定できんが、これまた装備が最後までさほど大したのがないぶん、盾になりきれてないところもまた痛い。

閃:(一部無視)
水の羽衣二枚作って、王女と一緒に『モスラ~っや』ごっこやらせてみたり、力の盾を最初に持たせてやったりもしたんだが、それでも死亡率はダントツトップだったな。
特に、ザラキで死亡する確率が一番高かったのは泣けた。何のためのザオリクだか……。

凛:ちっ……>一部無視
おぉ、そうそう、ザラキ。
ロンダルキアのブリザードだっけ、こいつが3体出てきたらやばかったからなぁ。
死ぬなよ~死ぬなよ~、と念仏のように唱えてた憶えがある(笑)
ただ……、確か1度だけ、ものの見事に全員、1回のザラキで全滅したことがあったなぁ。
真っ赤、真っ赤、真っ赤……目が点(爆)

閃:さすが当時のゲーム、御子様相手でもガチに殺しに来るとこが素敵だ。
『魔除けの鈴』で抵抗力上げられるんだが、それでも死ぬ時は死んでたな。
後は、ドラゴンフライ五匹組のブレスで焼死とか、バピラス二匹×2回攻撃で壊滅とかかな。
このゲーム、一瞬にしてパーティがボロボロにされる場面がとにかく多かった。

凛:多かったなぁ。
特に、モンスターの強さが変わる先に進んだあたりで、唐突に、な。
そういうところだとやっぱり、ロンダルキアに入った途端に死亡率が極端に高くなってたなぁ。
まぁ、それでも経験値の魅力には勝てず、しばらく苦労しっぱなしだったが。

閃:あのシビアさは好きだったなぁ~。
ブリザードはザラキ連発するし、ギガンテスは痛恨の一撃で主人公すら吹っ飛ばすし、ちょっと弱いデビルロードですら甘い息とベギラマのコンビネーションがウザイし……あれは制作者の悪意を感じたね。(多分、俺も同じことをやると思うが)
初めて洞窟突破した時は、見事にボコられて『ほこら』前で全滅した……せめてイオナズンぐらい憶えていれば……。

凛:甘い息なんか、海で必ず出てくるクラゲとナメクジの組み合わせのおかげでラリホーよりもうざったい指数が激増したしな(笑)
しかし、イオナズン憶えてたとしても、あそこ、けっこう無効化するヤツ多かった気がするぞ。

閃:『しびれくらげ』と『うみうし』やね。ベギラマ一発で全滅できりゃまだマシだったんだろうが、そこそこ体力あったんでかなりウザかったな。
イオナズンはうまく当たりゃブリザードを瞬殺出来るだけに、無効化されると悲しかった……ギガンテスとかアークデーモン相手の場合は駄目元だったけどさ。
あ~、でもキツイこたキツイが、特殊アイテム出現率は高かったな、ロンダルキアって。

凛:うざいって、ベギラマかまして、ときどき無効化するから余計に、な。
まぁ、ギガンテスとか、あの辺りはまぁ、強さが強さだけに、まだ、何とか納得できんこともなかったが……。
で、アイテムか……そういえば、この前やった携帯版は、最終的にいなづまのけん、手に入れてなかったな(爆)

閃:ロンダルキアの洞窟漁れよっ!
5Fの落とし穴の下、つまりバーサーカーが山のように出てくる4Fの大広間に落とし穴があるんで、そこを落ちて落ちて、2Fの隠し部屋に行けば宝箱がある。
って、もしかして『はかぶさの剣』の作り方とかも忘れた?

凛:いや、漁ったはずなんだが、落ちた先なんぞ意味なしと思って見向きもせんかっただけだ(笑)
まぁ、単に取り方忘れてただけ、って話だが。
「はかぶさの剣」……そういや、そんなのもあったなぁ。いなづまのけん以上に忘れてる話題だ(爆)

閃:をい。
偽ローレシアの城に入る前に『はやぶさの剣』を装備しといて、中に入ったら『破壊のつるぎ』に持ち替えるんだ。そのまま外に出れば、装備は『はやぶさの剣』で、攻撃力だけ『破壊のつるぎ』に差し替えられた状態になる。有名なバグ技やね。
もっとも、携帯版では削除されてたかもな。SFC版でもなくなってたらしいし。

凛:言われれば思い出すなぁ、そうそう、って。
でもまぁ、実際試してはないが、携帯版じゃできんだろうなぁ。
女神転生でも、マグネタイト減らない仲魔揃えたのに減るしっ!

閃:悪魔合体で思い出した。
敵グラフィック、サウンド、システム、どれもかなりお気に入りの本作だが、一点だけ引っかかるところがある――。

凛:宿屋で王女と悪魔合体できないことか?

閃:貴様ッ! 俺が言おうと思ったオチをッ!



→旅の扉でゲーム一覧表に帰還。

→ロト三部作に関する他ブログの記事を探す(BlogPeople)
[PR]
by sen-linn | 2006-09-23 19:29 | ロールプレイング
<< DRAGON QUEST II... DRAGON QUEST -ド... >>